ずぼらぁ~ベル

c0032408_18115516.jpg
c0032408_1812396.jpg
c0032408_1812927.jpg
c0032408_18121854.jpg


ベルおしめはずぼらぁ~姫。
ピースママのお布団にコロンしてスタミノンをペロペロしております(^^ゞ
ママになでなでされても夢中。
脚でしっかりチューブを固定。
・・・誰も奪わないわよ・・・・

日曜日、朝、ハム総出で病院に行ってきました。
ベルの毛だけなら近場でもよかったのだけど、なんせきららがよくない・・・【><。】
1日2gのペースで体重が減ってきて、一時は50gまであったきららの体重が日曜には36g・・・
ダクターのところはとても遠いのだけど、近場でダクターほどちゃんと診て貰えるか不安だったので移動も負担かと思いましたが遠出しました。
まずはベル。
体重60g(^^ゞ
体重計にはピースが乗せます。
が、そこからはダクターの出番。
「ちちちちちちちちちぃぃぃぃぃぃぃ~!!」
!Σ( ̄□ ̄;ベル・・・、アンタって子はほんとに・・・・。
まだなにもされないうちから大暴れ(^^ゞ
昔お腹をクリクリされたのがよほど気に食わなかったのか、ダクターに触られるたびに大騒ぎ・・・「ベルしゃん!」・・・と声をかけ続けるピース。
動じないダクター(笑)
ベルの毛を検査してもらいました。
ベルの毛をハシっと素早く抜くダクター、「チチチっ(ギャーーーーー)」・・・と叫ぶベル(^^ゞ
ピースが手を伸ばすと一瞬ビクっとして「あ、ママ・・?o(;△;)o 」・・・と手に乗ってキャリーに帰ってフテ寝(^^ゞ
ベルの毛の検査結果は・・・白。
ダニも何もいませんでした。とりあえず感染を防ぐ飲み薬を。

さて、問題のきらら。
まずは問診。
性別・生年月日・体重測定・症状・・・・。
体重が激減してることを言うと「交配でもしましたか?」・・・・・!Σ( ̄□ ̄;すごい!
大当たりです。ダクター。
何も言っていないのに・・・。
体重激減・・・開口一番こうおっしゃるということは症例が沢山あるのでしょうね??
きららと婿殿のお見合いの様子を事細かに説明・・・。
状況から流産した可能性があるtのこと・・・・・(号泣)
おりものも出ていなしし、腹部の腫れや汚れや分泌物もなく、手足・鼻の血色(?)もいいことから内臓系の疾患の可能性は低いとのこと。
それはちょっと安心したのだけど・・・
ああ、きららしゃん・・・ごめんね・・・・ごめんね・・・
初の病院体験でベルほどじゃないけど身をよじって抵抗しようとするきらら。
「きららしゃん」と話しかけると大人しくなったきらら。
診察が終わるとピースママの手に頼ってくる可愛いきらら。
辛い思いをさせてごめんね・・・ごめんね・・・・
大事に大事にするから、もうこれ以上痩せないで・・・【><。】
ママはきららがいないとダメなのよ!絶対ダメなんだから!

きららは36gという体重自体はハムとしては標準で疾患も見当たらないということから特にお薬は処方されませんでした。あとは与えたご飯の量を計って、どれだけ摂取しているのかを管理するように指導してもらいました。
どうか、これ以上減りませんように・・・ふっくらしたきららに戻ってくれますように・・・


さて、最後にフラウ。
一応健康診断。
さすがです。「チ!」とも言いません。
ダクターにダッコされてもクリクリされても動じません。
「好きにしてぇ~」・・・と手をパーにして目を閉じてダクターに身を任せていました(^^ゞ
婿殿とのデートのあときららとは逆にプックリしてきたフラウ。
まだ時間がたってないので「妊娠」とは断定できないと言われましたが・・・・。
ダクターの手を離れても何事もなかったかのようにきららとひっついてネンネするフラウ。
大物・・・・。
最初からフラウにママになってもらうべきだったのかもしれません・・・。
性格的にはフラウのほうが適していることはわかっていたのですが・・・、寂しがりやのきららの性格を考慮してママに・・・と思ったのですが、うまくいきませんでした【><。】
私の判断ミスのせいできららがこのまま・・・と考えるとたまりません・・・・。
私の命をあげるから、きらら、絶対生き延びて!
[PR]

by gonbellestyf | 2005-10-31 18:36 | ハムスター

<< お稽古レポはお休み ベルお誕生日イベント途中経過発表~! >>